SALTAWAY

古いオーディオ機器収集するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DTC-77ES コンデンサ交換

入手当初は特に問題無かったのですが、ちょっと使わない間に音がエコーがかってじゃりじゃりしてきたのでヘッドアンプのコンデンサ交換しました。
P2253105.jpg
まずはマスター側ヘッドアンプ。ちょい漏れ程度で腐食には至ってませんでしたが半田は粉噴き・・・。
シールドケースと基板が半田付けなのでそこだけ厄介。

P2253106.jpg
張り替えます。今回はなんとなく元のとおりの面実装電解を使用しました。90Wのコテでもなんとか作業できますね。
6.3V 22μFが2個。

P2253108.jpg
こっちはスレーブ側。なぜかスレーブのほうがコンデンサ多いです。
しっかり腐食しておりちょっとぐりぐりすると足が半田から剥がれてくる状態。もう少し遅かったらパターンごと剥がれてくるとこでした。

P2253110.jpg
張り替えました。こっちは16V 10μFが4個。

ついでなのでフロントパネルのコンデンサも交換することに。
P2253111.jpg
リモコン受光部のコンデンサ。粉噴いてパターンもちょっと腐食してますね・・・。
16V 10μFでした。

P2253113.jpg
ちょっとさわるとぽろり・・・。こっちは粉吹いてる上にぬれてます。
4個ありますが写真のとこだけ16V 10μF。あとの3つは6.3V 100μFです。

P2253115.jpg
はがしたコンデンサ。くっせぇ・・・。

P2283123.jpg
しっかりと処理。

P2283124.jpg
取り付けてOK。
うっすら靄がかってたディスプレイがくっきりしました。
音もばっちり。
やっぱり交換は必須ですねぇ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/03/05(水) 23:10:45|
  2. DATデッキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<takt RP-700 | ホーム | SONY CFS-66>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thunder17.blog103.fc2.com/tb.php/411-6ab241b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

解体屋

Author:解体屋
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!がモットー
大阪府の端のほうの都市に生息してる

アルカイック・テクノロジーズ
一時閉鎖

さらしものになりたくない

カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


全ての記事を表示する

カテゴリー

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
251位
アクセスランキングを見る>>

リンク(追加順)

愛子空想科学連合
 Nolis さま

VOLAGE
 ナカショー さま

アンピュアオーディオ…ときどきジャンク
 mymy さま

RUNRUNの道楽diary
 RUNRUN_sunny さま

管理画面
このブログをお気に入りに追加

Twitter

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。