SALTAWAY

古いオーディオ機器収集するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SANSUI AU-α707i

P1170390.jpg
SANSUI INTEGRATED AMPLIFIER AU-α707i
1987年発売、定価129,000円。
山水07シリーズの中堅アンプですね。
α-Xバランスサーキットを採用、まー要するにバランスアンプ構成ですな。

音出ずとのことで宮崎県から飛んできました。
届いたときはノブが真っ茶色、フロントパネルは手垢まみれ。おいこれゴミ捨て場から拾ってきたやろ、な見た目。
とりあえず中をかるく清掃&焼けてる部分がないことを確認して電源入れてみるとやや長いブランクがあってリレーが動作。じんわりボリュームをあげていくと

・・・一応音でますね。

リレーの接触不良らしく音が小さくなったり歪んだり、場合によってはまったく出なくなったり、たぶん音出ずはこれのことでしょう。
それ以外は細かな接点不良がありますが概ね良好。とってもタバコくさいですけども。
ということでリレーの清掃で動作品となったのでした。
元がものっそい汚かったので気合入れて清掃しましたがヘアライン部の腐食もありあんまり綺麗になりませんでしたorz

P1180396.jpg
背面。バランス入力(パワーアンプダイレクト)が目立ちます。バランスアウトのプレーヤーがないので使えるかは不明。
PHONO、CD、TAPE1、DIRECTのコネクターは金メッキです。

音の方は607iにくらべ低域、高域ともに余裕が感じられ、チャンネルセパレーションも明らかに向上しています。
ご提供いただいた なかしょー さんにはこの場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

追記でリレーお掃除。久しぶりでなかなか楽しめました。
P1160385.jpg
動作確認中。CDPのほうが汚そうに見えますが気のせいです。

P1170387.jpg
中身ー・・・。きったねぇ。
607iと同じくソリッド&アンチフレックスシャーシ。巨大なトランスとコンデンサが607iと違います。
ホコリがヤニでこびりついてます。湿気を含んだうえにヤニ混じりのホコリはなかなか取れません・・・。

P1180398.jpg
掃除したらトランスのシール印字が・・・orz

P1170388.jpg
607iとは違い底板は塗装されています。インシュレーターはまたしても中身からっぽの軽量級。
607iと違い金属風塗装ではなくちゃんと金属なのはまだ救いです。ちなみに一回り大きい。

P1180399.jpg
下から。電源部はバランス電源。

P1180401.jpg
終段はサンケン2SA1386と2SC3519のコンプリ。当然LAPTです。
回路は素子や定数こそ違いますが基本607iと変わりありません。

P1170389.jpg
フロント。
607iにはないSUBSONIC、MUTING、LOUDNESSのインジケーターとTURNOVERが追加されました。
シャーシは共通らしく、穴が開いてます。

P1180406.jpg
で、リレーはこんなとこにあります。

P1180402.jpg
いろいろ外してー。

P1180403.jpg
端子も外してやっと到達。
松下の7Aリレーですね。

P1180404.jpg
カバーは簡単に外れます。かなりヤニっぽい。
で、このリレー、導通状態で抵抗値を測定してみるとまさかの100Ω超。そりゃあ音もでませんよね・・・。
揮発性の高いパーツクリーナーを使用して清掃した結果1.6Ωに。安物テスターのテスター棒に抵抗があるので実際は0に近いと思いますw
A、B系統共に処置。

ちなみに、接点復活剤ですがあれは成分の揮発性が低く、蒸発したあとにべっとりとしたヤニのようなものが残り経年でいずれ抵抗になります。
吸湿して金属の腐食の原因にもなりますのであまりおすすめしません。

以上。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 00:00:37|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<707i | ホーム | タイトルなし>>

コメント

No title

サンスイアンプのテンプレ「いじるのがめんどい」を体現したリレー位置ですね。リレーぐらいもう少し手軽にいじれる位置に(ry でも底面外せばメイン基板にアクセスできるあたりまだ幸せなんでしょうか?

ヤニ+ホコリ 掃除キッツイですよねー……

接点復活剤よりやっぱり接点洗浄剤のほうがいいですよね。後々ベドベドになるあたりヤニと大差ない気が。

  1. 2013/01/19(土) 14:22:01 |
  2. URL |
  3. Nolis #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]

Re: Nolis さん

バブルの頃の中級以上の機種はスピーカー端子の裏にリレーを配置してるのが多いです(SONYとか)。
メーカーによっては底板にちょっと小窓ついてるだけとかありますよねぇ・・・。

ヤニ+ホコリ+接点復活剤=最凶コラボorz
  1. 2013/01/19(土) 23:08:08 |
  2. URL |
  3. ドフ猫 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thunder17.blog103.fc2.com/tb.php/338-6c82df9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

解体屋

Author:解体屋
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!がモットー
大阪府の端のほうの都市に生息してる

アルカイック・テクノロジーズ
一時閉鎖

さらしものになりたくない

カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


全ての記事を表示する

カテゴリー

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
268位
アクセスランキングを見る>>

リンク(追加順)

愛子空想科学連合
 Nolis さま

VOLAGE
 ナカショー さま

アンピュアオーディオ…ときどきジャンク
 mymy さま

RUNRUNの道楽diary
 RUNRUN_sunny さま

管理画面
このブログをお気に入りに追加

Twitter

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。