SALTAWAY

古いオーディオ機器収集するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ONKYO A-805

IMG_0008_20120505203916.jpg
ONKYO SERVO OPERATIONAL INTEGRATED STEREO AMPLIFIER Integra A-805
1979年発売、定価65,000円。
あまり情報の無いモデルですね。内臓サーボアンプでDCアンプを制御するスーパーサーボ方式アンプだそうです。なんのことやら。
久しぶりに行ったハードオフにて入手。部品取りにどうぞ!1k。
いかにもエントリクラスな見た目で薄型なのにずっしりした重さがあり、PHONOが2系統で金メッキ端子だったので確保。

リレーが動作せずSERVO OPERATIONランプが点灯しないのでパワトラNG・・・と、思いきや電源を切ると一瞬音が出ます。
電源が切れる瞬間にリレーが動き一瞬ONになるので音が出る、DCを測定すると両chともに0.03mVとかそんなレベル。
保護回路NGかと思い試しにリレー直結にしてみようとリレーのケースを開けようとしたら・・・リレーが動くようになりました?なぜでしょう?固着してた?
リレーの動作電圧が足りていないと踏んでいたのですが、直ってしまいました。ガリはなく傷もなく状態よし。

IMG_0007_20120505203943.jpg
中身は可もなく不可もなく。セレクター基板の下にフォノEQの回路があると思います。
っていうか中きれいだね。外もぬれ雑巾で拭いただけ。かなりきれい。

IMG_0007_20120505212941.jpg
後ろ。これまたきれい。PHONO2のショートピンがちゃんと残ってます。
スピーカー端子は70年代標準の太いケーブルが物理的に不可能なタイプ。
入力端子がTAPE2系統とPHONO2系統+チューナーだけなのでちょっと使いにくいです。

普及クラスとはいえVOLUMEノブと各セレクターノブは無垢。ちっさいプッシュスイッチはメッキですが安っぽくはありません。
音も悪くはなく(というかそろそろDS-25BMKIIでは違いがわからなくなってきた)、少しドンシャリ気味ではあるものの耳障りな部分はなし。
ただボーカルに奥行きがあまり感じられないかなー・・・以上。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/05(土) 20:59:07|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<COWON iAUDIO 10 | ホーム | 微妙に続くSU-V7>>

コメント

No title

どうも~GW最終日でちょっとブルーになってます。 
ところで、LOUDNESSってどういう機能があるんですか~?
あと、このころのコンポとかアンプとか現在のモノと比べてどのような感じなんですか~?80年代のモノは今のものより若干大きいので音の表現の幅が広いモノが多いかな~とは思うんですが。70年代のモノってどうなんですかね~?
個人的には80年代よりも大きいので音の迫力は僕が使ってる頃のコンポとかよりもありそうかな~とは思うんですがね(・.・;)
  1. 2012/05/06(日) 11:21:46 |
  2. URL |
  3. syo #-
  4. [ 編集 ]

Re: syo さん

早いものですねー4連休・・・。ここぞとばかりに更新中です(爆)。
次の連休は・・・正月までなさそうですorz

LOUDNESS(ラウドネス)は小さな音では高音と低音が聞こえにくくなるという人間の耳の特性を補正するため高音域と低音域を相対的に大きくする機能。
基本的に小音量時に使用します。
人間の耳は声を聴くのに一番適した特性となっているわけですからこれは当然のことですけどね、音楽は声だけじゃありませんので補正が必要なのです。
みたいな感じだったと思いますがうろ覚え(

70年代は70年代でも、70年代初頭(70から73年くらい)のモデルはエントリークラスでも金のかかったつくりで音も出力W数だけでは表せない迫力あるもの。
76年以降のモデルはエントリークラスを中心に徐々にコストダウンが見え隠れしてくるモデルが多くなり音も面白みにかけてきます。
80年代は見た目優先、中を見れば製造上のコストダウンが明らかに見えてきます。音も如何にきれいに聞こえるようにするか、といった感じ。
90年代はそれこそ超高級機以外は持つ喜びすらも薄れてくる印象。

どの年代も10万円オーバーの高級機は違う印象ですが8万円以下の売れ筋価格帯はこんな感じです。
なのでおすすめは10万円オーバーの高級機です(爆)。そんなもん買えたら苦労しませんけどねー・・・。
  1. 2012/05/06(日) 16:43:56 |
  2. URL |
  3. 借猫 #-
  4. [ 編集 ]

No title

A-805ですか~ そういえば初めて部品交換して、なんちゃってレストアしたのはこれが初めての機種ですね。

コンデンサ交換すると、多少は元気になりますね。廉価っぽいわりにはそこそこ。見た目はかっこよくて重量感があるのがイイところでしょうか。

10万円以上のですか……
そういう機種ってなかなか中古放出されなくて、ヤフオクなどでも数万円するのですよね(汗)

一度、トーンで低音最大+ラウンドネスとかすると、面白いですよね。まさに今出ているvictorのXXシリーズイヤホンっぽい音になります(笑)
  1. 2012/05/10(木) 07:41:33 |
  2. URL |
  3. Nolis #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]

Re: Nolis さん

このアンプ、結構気合入ってるかと。
エントリーに毛が生えたような価格帯なのにノブが無垢だったり金メッキ端子があったり無駄に重かったり・・・。

電解コンデンサってそんな劣化するものでもないんですがねー・・・。
熱に晒される、設計上負荷がかかる、逆電圧がかかっている、という箇所は劣化もしますが普通に使っている限りまず交換は必要ないです。
特にスピーカーのネットワークのバイポーラなんて、そんなたいした電圧もかからないので劣化しません(不純物を含む電解液の場合除く)。
まあ缶の変形とか劣化ロットとか封入ゴムの劣化とかで液漏れしてたり見た目に問題なくともリークしてたりしたら問答無用で交換ですけども・・・あと中華製コンデンサも。
個人的にはトランジスタやICのほうが劣化しているように感じます。

オクは正直割高です。傷ボロの不動品でも2万円!とか、ほんと金持ちはいいですねぇ。
まあドフでも気長に待ち続けて頻繁に覗けば半年に1回くらいはオクの半額くらいであります。
今までで一番これは!と思ったのはヤマハのCA-2000が4kだったことでしょうか。あとパナソニックSU-MA10が5k。
お金なくて買えませんでしたけどね・・・CA-2000は今でも後悔・・・。

オンキヨーのこの機種、ラウドネスを使うとやたらもっさりした低音が出ますね。あんまり好きじゃない低音です(もっと腹に響くくらいのほうがいい)。
やっぱり原因はスピーカーなのかなぁー・・・。
  1. 2012/05/13(日) 21:06:42 |
  2. URL |
  3. 借猫 #-
  4. [ 編集 ]

最初に買ったアンプがこれでした

このアンプなつかしい。割と素直な感じで鳴ってていたのですが、VictorのZero30というスピーカーをつなぐと物足りなくなりました。後継にMarantzの重量級ぷリメインアンプを購入し、このアンプは人にあげてしまった。
  1. 2014/02/23(日) 16:12:27 |
  2. URL |
  3. あらま #9eqvbf2I
  4. [ 編集 ]

Re: 最初に買ったアンプがこれでした

当方も手放してしまってますのでうるおぼえですが、たしかに大型スピーカーでは力不足だと思います。
物は悪くないんですが、DS-1000HRだとスカキンでした・・・。
  1. 2014/02/26(水) 23:10:11 |
  2. URL |
  3. 解体屋 #-
  4. [ 編集 ]

a-805でググったらHITしたので一寸カキコします。
最近ハイレゾからLPアルバムにハマり、昔のアンプのジャンクを修理したりしてます。
テクニクス、ヤマハ、ONKYOなどはサンスイなどど違って安いので手を出しやすいですね^^
1970年から80年代のアンプは9割がたクラックなので半田の盛り増しとリレーの接点復活剤で大概復活させる事ができました♪
やはり半田の質が悪いのが致命的ですね、ちなみに私はテスターは使えません。
液漏れなどがあった場合お手上げですが、ソレ以外ならケッコー修理できます。
麦球などは今時のLEDに変えるのも楽しみの1つです。
抵抗の計算すら出来なかったズブの素人だったんですよ。
A-805はONKYOの中でもマイナーですが、リバプールと言った後年ONKYOが発売し今も人気の一品ですが音が全然取れません一寸したAKGのヘッドフォンなんて繋いだら失笑レベルです。
現在の新品コンポだって同じようなモンですが・・
そー考えると十分音が取れる1970年代から80年代のアンプは流石オーディオ全盛時代のアンプだけの事はあります。
修理したアンプではテクニクスとかの音のが良かったんですが、やはりONKYOのA-805の素直な音の方が飽きないと思いました。
  1. 2014/11/16(日) 21:43:05 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

うわぁすいません。見落としてました。
まだ見てらっしゃるかな・・・。

最近は接点清掃やはんだ盛りなおしで治る安くておいしいジャンクも少なくてつまらない限りです・・・。
現在のコンポはDSPで低音モリモリ、付属スピーカーでしか音のバランスは見ていないような有様ですね。
あれに1万円出すなら70~80年代のアンプとスピーカーを買った方がよっぽど幸せです。
テクニクスはどストレートな音質で特徴がなくてスピーカーに左右されるところが大きいですね。
ONKYOのA-805はパワーはないもののボーカルのつやなどはよかったです。
ただ、現在メインが定価10万アッパーのCA-1000IIIなので、もうA-805程度では満足できません(;´Д`)
  1. 2015/02/03(火) 23:16:02 |
  2. URL |
  3. 解体屋 #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2017/06/17(土) 15:28:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thunder17.blog103.fc2.com/tb.php/294-8b404f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

解体屋

Author:解体屋
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!がモットー
大阪府の端のほうの都市に生息してる

アルカイック・テクノロジーズ
一時閉鎖

さらしものになりたくない

カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


全ての記事を表示する

カテゴリー

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1672位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
365位
アクセスランキングを見る>>

リンク(追加順)

愛子空想科学連合
 Nolis さま

VOLAGE
 ナカショー さま

アンピュアオーディオ…ときどきジャンク
 mymy さま

RUNRUNの道楽diary
 RUNRUN_sunny さま

管理画面
このブログをお気に入りに追加

Twitter

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。