SALTAWAY

古いオーディオ機器収集するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CDP-338ESD 完了!

IMG_0026_20100920220945.jpg
直ったけど・・・調整がいると思う。
FCS GAINとTRK GAINがいじられてありました。レーザー出力と間違えたのかなんなのか。

まあどうでもいいんですけどね。音出るし。
そもそもフォーカスもトラッキングも一切関係なかったという。
・・・フォーカスいじられてるのはきついなぁ・・・。

さて、音はいいです。とにかく低音がばっちり出る。
今までのCDPは低音出し渋ってたのかと思うほど。でもそれでいて繊細に細かい音も鳴らしてくれます。
さすがESです。

IMG_0021_20100920222251.jpg
後ろはこんなのです。アナログ出力は固定と可変の2系統、デジタルは同軸とオプティカル(オプチカル?)の2系統、フロントでON、OFFが出来ます。

(゚Д゚ )ウマーな点
なによりそれよりサイドウッド。
リニアシークで高速スキャン(ただしまだ不安定)。
重厚なデザイン。
20キーが本体に!
画面表示が消灯可能(ただしディマーではないのでON、OFFのみ)。

( ゚Д゚)マズーな点
ちょっとの振動でも飛ぶ。
奥行きが・・・奥行きがっ・・・。

修理云々は長いので追記へー。
折りたたみ。

IMG_0003_20100920221535.jpg
なんにせよフロントパネルが汚いので取り外します。
なんかねじが粉吹いてます。水でもかぶったのかと思いましたがこれの上にくる天板にはちょうどフェルトが貼り付けられていました。吸湿したのかもしれません。
あと黒いねじは銅メッキの上に塗装してあります。金かかってるー。

IMG_0015_20100920223338.jpg
天板は少し薄いですがいろいろ引っ付いています。

IMG_0004_20100920222009.jpg
フロントパネルをはずしたところ。なんか無骨。
基盤はフロントパネル側に固定されています。とにかくはずすのが面倒です。
20キー部のスポンジは劣化し、べとべとしているのではがします。

IMG_0005_20100920222850.jpg
20キー側にも劣化したスポンジがついているのであとで洗います。
これ、ボタンが一つ一つ別になっています。押した感じがいいです。

IMG_00021.jpg
ピックアップが端までいったときにショックを和らげるためのスポンジも劣化してピックアップ側に引っ付いてます。
これもはがします。
ピックアップはKSS-151A。

で、動作をよく見ているとどうもピックアップの動きが変です。
IMG_0013a.jpg
停止時、本来ならばこの位置にピックアップは戻るのですが・・・
IMG_0012_20100920224210.jpg
なぜかこの位置でとまることが多々あります。さらに運よく再生できたときもこのあたりにピックアップがくるとキュルキュルいったままになります。

IMG_0007_20100920224432.jpg
とりあえずドライブをはずしました。

手でピックアップを動かしても引っかかりがあります。
右側のレールを触ってみるとグリスが一切無い!そりゃ引っかかるはずだ。
どうやらさっきのスポンジが吸い取ってしまった様子・・・。

IMG_0014.jpg
セラミックグリスではあまり変わらなかったのでこれ・・・。
まあ・・・大丈夫・・・だよな・・・。
注:永久磁石のついたレールには絶対に注油等してはいけません。
  注油等してもおそらく問題ないのはトレイ側から見て右側の筒型のレールです。
  (リニアシークでない普通のCDPでも使われてそうな部品・・・)

IMG_0008_20100920224959.jpg
再生できるようになりましたがまだ不安定です。禁断のVR、ではなくトラッキングを調整します。
禁断のVR、レーザー出力は最終手段です。

IMG_0009.jpg
TRK GAINのシルク印刷のある半固定抵抗を調整します。
間違ってもFCS GAINは触らないでください。これをずらすとオシロなどを使い調整する必要があります。
回した感じ長年回していない半固定抵抗によくある引っかかりが無い部分があったのですでに回されてあるような気がします。
何度かやっていると安定する点があったのでそこで固定しました。

途中いくらやっても安定しないので確認したらFCS GAINもいじられてあったという・・・。
マーカーついてたし回した感じが違うんですよね。マーカーの位置にアバウトセットだけども・・・大丈夫か?

一応動作するようになったので内部を。
IMG_0010_20100920225715.jpg
オーディオ部。左右対称に設計されています。黒く四角いてらてらしたものはU-CON社製のコンデンサ。
銅バスバーもあります。コンデンサもニッケミAVF、AWFなどオーディオ用のものが使われてます。
ですが奥のケミコンがなぜか左右で違います(黒いのはニチコンVT)。前オーナーに交換されたのかもしれません。

でもなんかいまいち華がないですよねぇ。MUSEとかセラファインとか使えばカラフルに(違
バックアップ用のニッケミSBの金色とかレギュレーターやドライバICのヒートシンクの銅色のほうが目立つし・・・。

IMG_0017_20100920230037.jpg
オペアンプはRC5532DDとかかれたもの。JRCのNJM5532DDかな?
もしかしたら交換されてるかも。

IMG_0016.jpg
一時停止などしたときにはこのリレーが動作します。高級感がありますねぇ。

IMG_0022_20100920230321.jpg
電源部にも銅バスバーがあります。贅沢だー。

IMG_0023.jpg
以上です。
つーかほんと選曲早いですねー。最初からから最後へ飛ぶのも一瞬!
これで振動に強かったら最強なんですけどね。原理的に難しいですか。
あとピックアップ固定方法はトレイを開いた状態で電源を切り、トレイを手動で押し込むんだそうです。
でもこれ、ピックアップが元の位置になかったら固定されませんけどね。

さーて!あとはリモコン!
型番はRM-D670だそうです。あるかなぁー。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/09/20(月) 23:10:56|
  2. CDプレーヤー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | SONY CDP-338ESD>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thunder17.blog103.fc2.com/tb.php/29-af171cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

解体屋

Author:解体屋
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!がモットー
大阪府の端のほうの都市に生息してる

アルカイック・テクノロジーズ
一時閉鎖

さらしものになりたくない

カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


全ての記事を表示する

カテゴリー

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1083位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
238位
アクセスランキングを見る>>

リンク(追加順)

愛子空想科学連合
 Nolis さま

VOLAGE
 ナカショー さま

アンピュアオーディオ…ときどきジャンク
 mymy さま

RUNRUNの道楽diary
 RUNRUN_sunny さま

管理画面
このブログをお気に入りに追加

Twitter

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。