SALTAWAY

古いオーディオ機器収集するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ONKYO A-766

アンプで1日2回も更新するとは思ってませんでした。
IMG_0014_20120121194218.jpg
ONKYO Integra SOLID STATE STEREO AMPLIFIER A-766
1971年発売、定価46,000円。
16W+16Wのプリメインアンプ。色合いがやや黄味ががっていますが、もともとこんな色のようです(ブロンズ色)。
今でも隠れた人気を持つA-755シリーズの初代の弟分。当時の中級機ですが大卒初任給が5万円のころの4万なので結構高価であります。
ガリ多いですとのことで1k。人気無いですもんね。傷も汚れも少なく状態の良いものがこの値段ですし当然捕獲しました。
ガリは使っていると取れるレベルでしたが、ノブ周辺に接点復活剤の跡と思われる黄ばみがあったので掃除だけしました。
接点復活剤は導体や接点自体に少量塗布する物なので外から適当にシューっとしても意味はありません。

IMG_0003_20120121201459.jpg
バックパネル。プリとメインの分離可。スピーカーは2系統、入力はAUX、TUNER、PHONO、TAPEの4系統。
PHONOのゲイン調整もあり+6dBにできます。
ACアウトレットは電源連動と非連動各1系統。その横のヒューズソケットはスピーカー保護とACです。このアンプにはリレーはありません。
DC漏れはLchが5mV、Rchは15mVとRchがやや大きいものの年代を考えると優秀な値です。

いじられた感じはややあるものの、全体的に程度がよくバックパネルやシャーシの錆びはなく、パイロットランプの電球も切れていません。
レタリングのはげも無くフロントパネルもつやが残っており、本当に40年前のものなのかと思うほど。
音も厚みがあり年代を感じません。ラウドネスとかトーンとかなしでも十分に迫力のある音です。
ただ入力が実質3系統(PHONOはレコードのみなので)しかないため機材が多い場合は使いにくそうです。

追記で中身。
IMG_0008_20120121194743.jpg
ちなみに重厚そうな見た目ですがけっこう軽いです(;´∀`)
中身無いのかと思った。

IMG_0007_20120121194753.jpg

IMG_0009_20120121194813.jpg
結構シンプルですね。プリ、パワー、電源とわかりやすいです。平滑コンは3300μFと少なめ。
ビニタイで束ねられた配線がありますが、ほかのサイトで同時期のオンキヨーの他機種の中身みてもこのビニタイ使ってあるのでメーカー修理時にこれ使ったかもともとこれなのかは不明ですがまあ変に手は入ってないかと。

IMG_0010_20120121194822.jpg
木製カバー。これだけでも結構凝ってます。補強もしっかり。

IMG_0012_20120121194847.jpg
ちょっとわかりにくいですが2SA489と2SC789のコンプリペア。
どの半田にも異様なほどつやがあったのですが各部品が交換されたのかは不明。
電解コンは容量に比べてサイズでかいしトランジスタの東芝ロゴも傘ロゴだし新しいやつにはない形のパッケージのものもあるしたぶん交換されてないかと。
ただ部品交換してないとするとこの残留ノイズの少なさは異常なんですが。

IMG_0011_20120121194903.jpg
まったくガリの無いトーン部。なぜかと思い見てみると・・・うわぁ・・・やたら元気なクリック感と思ってたら・・・。
このタイプの可変抵抗は今買うとかなり高価です。当時はボリュームとどっちが安かったんでしょう?

IMG_0013_20120121194917.jpg
ノブは一度もはずされたことが無いのかかなり硬かったです。バランスの円盤型ノブはアルミ無垢。
ノブ周辺をきれいにして終了。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/01/21(土) 20:16:29|
  2. アンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<インフル( ´゚д゚`)エーンザ | ホーム | TRIO KA-7300>>

コメント

No title

 これは良い物ですね、1000円なら自分も飛びつきます。

 中身も丁寧な作りですね。というか可変抵抗が今見ればとんでもないゲテモノに見えます(汗)
これは間違いなくライン生産でなく手作りでしょうから、職人といいますか生産者が唸りながら作っていたのでしょうか(笑)

 昔の機器の設計と製造は本当に大変ですよね……
  1. 2012/01/22(日) 09:07:41 |
  2. URL |
  3. Nolis #3un.pJ2M
  4. [ 編集 ]

Re: Nolis さん

これすごいですよ・・・メインにしたい・・・。
このタイプの可変抵抗は現在はウン万円レベルの超高級アッテネーターと自作品しか無いみたいです。
綺麗なカーブは描けないものの、ギャングエラーはほとんどなさそうなのでトーン部にはちょうどいいんでしょうね。

当時は工員さんが1台1台丁寧に作り上げていたのでしょう。そんな工場、今の日本に残ってますかねぇ・・・。
・・・残ってたら勤めたい。
  1. 2012/01/22(日) 23:36:42 |
  2. URL |
  3. 借猫 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thunder17.blog103.fc2.com/tb.php/257-94425556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

解体屋

Author:解体屋
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!がモットー
大阪府の端のほうの都市に生息してる

アルカイック・テクノロジーズ
一時閉鎖

さらしものになりたくない

カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


全ての記事を表示する

カテゴリー

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
214位
アクセスランキングを見る>>

リンク(追加順)

愛子空想科学連合
 Nolis さま

VOLAGE
 ナカショー さま

アンピュアオーディオ…ときどきジャンク
 mymy さま

RUNRUNの道楽diary
 RUNRUN_sunny さま

管理画面
このブログをお気に入りに追加

Twitter

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。