SALTAWAY

古いオーディオ機器収集するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AIWA AD-F77M

アイワに勝利!
IMG_0030_20111223153609.jpg
AIWA STEREO CASSETTE DECK AD-F77M
1980年発売、定価128,000円。
80年のフラッグシップモデル。コンビネーションV-cut(CVC)3ヘッド、FGサーボのシングルキャプスタン。ノイズリダクションはドルビーB。VUメーターに5点ピークインジケータ、そしてオートテープチューニング機構である「Compu-Brain」を搭載。
あまり人気は無かったらしく、割とレアなデッキのようです。
先代のAD-F70Mと比べると高級感が大幅になくなった上、重量も2キロマイナス、さらに2万円の値上げでは・・・リッドの上に書かれたCraftsmanshipの文字が哀愁を誘います・・・。

このデッキは部品取りにどうぞ!で1kでした。
動作確認するとメカが一切動作しません。案の定ベルト切れ、っていうか融解?
ベルトを交換するとメカは動作するようになりましたが、音が異様に小さくたまにショックノイズがでます。
再生アンプの部品交換で復活。なんていうか、ここにも潜んでたかみたいな・・・。

IMG_0026_20111223154200.jpg
ヘッド。録音再生がCVCセンダスト、消去はHi-Bsダブルギャップフェライト。Hi-Bsは高飽和磁化材のこと。
なんかCVCヘッドがAD-F80のとはまったく違います。センダストになって変わったんですかね。

IMG_0004_20111223154245.jpg
アジマス調整などはここをはずします。カセットリッドのカバーはネジ止め。

音は高域の伸びがよく、コンピュブレインを使ったときの録音性能もなかなか。
コンピュブレインはまずRESETを押してからSTARTで、テープの選別、バイアスやEQなどすべて自動で調整してくれます。
また、その結果を4つまでメモリー可能。バックアップ電源を必要としない不揮発性メモリーを使っているそうです。
オートテープセレクターではないのにテープが自動で選ばれるとは・・・これはすごい・・・。
でもなぜオートテープセレクタにしなかったのかと・・・。

あんまり人気はなさそうですが、Compu-Brainはすごい!音もいいですし調整('A`)マンドクセな方には超お勧め。
後継のFFシリーズはどんなもんでしょね・・・。

追記で修理。
1箇所麦球切れてるのは見なかったことにしといてください・・・麦球のストック尽きたんよ・・・。
IMG_0001_20111223170219.jpg
薄汚れてはいるものの、傷は少なく割りと状態は良し。

IMG_0002_20111223170252.jpg
ここの「部品取りにどうぞ!」は動作せずと同じ意味。
でもまあ値札をつけるよりラベルプリントのシールを貼ったほうが安く付きますよね。

IMG_0006_20111223170330.jpg
裏。左上にちろっとメンテナンスシールが・・・。

IMG_0025_20111223170401.jpg
裏側から半田面が見えます。基板を取り外すことなく部品の交換可。

IMG_0003_20111223170459.jpg
割と詰まってます。そして案の定ベルトは\(^o^)/オワタ状態。

IMG_0009_20111223170519.jpg
基板は2階建て。上のはコンピュブレイン関係でしょう。

IMG_0018_20111223170842.jpg
珍しいメタルCANパッケージIC。東芝T3541A。
何のICかは不明(ぉ

IMG_0019_20111223170721.jpg
奥に見えるソレノイドがヘッドを上げ下げ。でけぇ・・・。

IMG_0007_20111223170549.jpg
モーターは軽くひねれば取れます。
何気にプーリーが真鍮製。

IMG_0015_20111223171404.jpg
メカをはずすためだけにここまで分解。
束ねてあるのとればいいんですけどチューブで結んであるもので・・・。

IMG_0013_20111223171511.jpg
やっととれたフライホイール。バランス取りしてあります。

IMG_0012_20111223171647.jpg
実はこのメカニズム、AD-F80のものとほとんど同じ。
違う点はリールモーターとキャプスタンモーターをここにまとめて取り付けるようになっていること。
ややコストダウンされてはいるものの、ブレーキ機構が強化されていたり組み立てが合理化されていたりと正当進化してます。

で、ベルトを交換して動作させてみると音がすごく小さいってかほぼ聞こえないorz
録音は正常。ただしコンピュブレインは基準音が拾えないためかERRORとなります。
そこでPBヘッドアンプを見てみることに。
IMG_0017_20111223172032.jpg
これがそのPBヘッドアンプ部。ディスクリートです。
で、なんか見覚えあるものがありますね。
例のオレンジ色のポリプロピレンコンデンサ、これを外し適当な積層セラミックを付けてみると・・・。

音が出た!
コンピュブレインもOK!

やっぱりこのオレンジ色はだめなのか・・・録音側のドルビー回路周辺に無数にあるんですけど・・・。
とりあえずPBヘッドアンプ周辺のみ積層セラミックに置き換えました。本当は元のとおりPPコンを取り付けるべきなんでしょうが高い・・・。

IMG_0023_20111223172128.jpg
交換部品。電解コンも噴いていたので交換しました。
このPPコン、半田の状態からメーカーメンテナンス時に交換したと思われるものが2個ほど。
この交換されたものは綺麗なオレンジ色なのに不良化したPPコンは頭の部分に黒い筋が見える上に、ところどころに黒いシミが浮いてます。

IMG_0024_20111223172850.jpg
以上でOK!
コンピュブレインを使うとLEDがパチンコ台みたいになりますw
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/12/23(金) 17:35:16|
  2. カセットデッキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<周りに公式リア充がいないことがせめてものすk(ry | ホーム | アイワにリベンジ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://thunder17.blog103.fc2.com/tb.php/243-5b67584c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

解体屋

Author:解体屋
買わずに後悔するなら買って後悔しろ!がモットー
大阪府の端のほうの都市に生息してる

アルカイック・テクノロジーズ
一時閉鎖

さらしものになりたくない

カウンター


現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ


全ての記事を表示する

カテゴリー

ブログ内検索

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
260位
アクセスランキングを見る>>

リンク(追加順)

愛子空想科学連合
 Nolis さま

VOLAGE
 ナカショー さま

アンピュアオーディオ…ときどきジャンク
 mymy さま

RUNRUNの道楽diary
 RUNRUN_sunny さま

管理画面
このブログをお気に入りに追加

Twitter

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。